「この子…私の子供だっけ?」っていう不思議な感覚に陥ったことありませんか?

子供の寝顔を見つめていて、ふと「そういえば最近、この子私の子供だっけって思うことなくなったな。」って気がつきました。

ナンノコッチャ?って話なんですが、前はあったんです、そういう感覚。

これって他の方もそうなのかなーと気になったので記事にしてみました。

スポンサーリンク

分かっちゃいるんです

産まれてから今まで、文字通りずーーーっと一緒にいる訳ですし、間違いなくお腹を痛めて(というか全身痛めて。)産んだ可愛い我が子なんです。

それは、分かってるんです。

でも、「私は何を思ってこの子を我が子だと認定しているんだろう」ってふと不思議な感覚に陥ることがあったんですよね。

産後、病院にて

出産に時間がかかったので、息子だけ点滴されたり検診されたりで病室を離れることがあったんですけど、ずっと子供は病院指定の名前入り腕輪をしていました。

まだシワクチャむくみマンな訳ですが、腕輪なんて無くても、絶対に我が子の顔はわかるでしょ。(でも一応つけておいてくれないと怖いけど。)なんて思ってました。

そして、二日目にはむくみもだいぶスッキリして、自分にとっては超可愛い生き物と認定されましたので、改めて、私の子だーパパにそっくりだー!と、思いました。

つまり、「これ本当に私の子?」って感覚は、他人の子と入れ違ってるんじゃないか。っていう不安とは全く違います。

我、ふと思う。

でも。

にも関わらずゼロ歳時代に子供と家で遊んでいたり、寝かしつけていたり、ふとした時に。

「何を思ってこの子を我が子だと認定しているんだろう」と思う訳です。

飽くまでも大前提として、この子は自分の子だっていうのは勿論分かってるんですよ。
分かってるんですが、ぼんやりとそんなことをよく思ってました。

どうでしょう。そんな感覚になったことある方っていらっしゃいませんかね…。

なんでそんなこと思ってたのかなーと、今になって考えてみました。

おそらくその原因は、全くの名無しであり、かつ自分で自分の事を把握していない存在に初めて出会ったから。じゃないかと。

二歳になる息子は、もう自分の名前や愛称を把握していますし、私のことをママと呼び、父のことをパパと呼び、自己の存在を周囲と結びつけてアイデンティティを確立させています。

あなたの名前はなんですか、と聞いてもまだ答えられませんが、「○○くん」と呼べば(気が向けば)「あいっ!」と言ってくれます。

その姿を見て、あ、だから最近その不思議な感覚に陥らなくなってきたのかな。と。

考えてみれば、本当に名前がついていない、誰とも関わりを持ってない、しかも己すらそのことを理解していない存在って、生きてて出会わないですもんね。

育児頑張った証!?

いま人に聞かれたら、「この子は私の子です。そして私はこの子の母です!!」と何の違和感も持たずに答えられると思います。

もしかしたら、他のお母様方はそんな感覚に陥る事なく母になり、親子となっていらっしゃるのかもしれないんですが…。

点数がつけられない、褒められることのない育児においては自分でマルをあげるポイントをガシガシ見つけていかないとシンドイので。

恐ろしいほどゼロベースの生き物と毎日暮らし、愛し、時にハイになり。そして灰になり。

信頼関係を築いて、一人の生き物のアイデンティティを築いたとなれば、やっぱり母親(ないし保護者)って、かなり頑張ってるんじゃないでしょうか?!!

カグラザカマミー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。