子育て

幼児オンライン英会話に興味があってハッチリンク体験レッスンをしたら始まる前が一番辛かった! その1

以前、息子と英語の出会いを書きましたが、今のところ息子(1歳4カ月)は英語への良いスタートを切れているかなぁと感じています。

あわせて読みたい
ディズニーの英語システム体験版がとってもとっても使えました「ディズニー英語システム」は、お子様をお持ちの方でしたらすでに耳にしたことがある方も多いのでは。 幼児英語教育の大御所で、あのディズニ...

でも、もちろんそれはただ「ABCって楽しいなー」と息子が思っているだけの話ですし、そこから英会話ができるようになるとは一切思っていません。

せっかくだから、もっと伸ばしてあげたいなぁと思って、何かできることはないかを調べてみたところ、オンライン英会話なるものがあり体験してみたのでレポートです!

 

オンライン英会話って?

その名の通り、PCを使って(スマホでもタブレットでも可能。)インターネット上で英会話をならうシステムです。
Skypeを使用しているところがほとんどですね。

・教室に通う必要がない

・時間の融通がきく

・価格が(英会話教室より)お手頃

という点が魅力的で、大人でも活用している方は多いかと思います。
インターネット環境があれば、いつでもどこでも英会話を習うことができます。

ベビー・幼児でも出来る?

乳幼児を対象にしているオンライン英会話はいくつもあります。
ただし、3歳から、または小学生を対象にしているところがほとんどでした。

焦っているわけではないのですが、幼稚園にもまだ通っておらず日中私と2人で完結している状態の我が子に新しい刺激を与えたい(そして私もマンネリを打破したい)と思っていたので、せっかくだったら今すぐ何かしたいなー、と。

引き続きリサーチしたところ…。

乳幼児専門のオンライン英会話を発見

お子様OKと謳っているところはありますが、「乳幼児専門」と掲げているオンライン英会話は、ハッチリンクベビーだけでした。

今回利用したのは下記のサービスです( ´∀`)

 

体験レッスンがあったので、(暇な私は)さっそく申し込み。

体験レッスン申し込みの流れ

ネットで体験レッスンを申し込むと、ほどなくして事務局からメールが送られてきます。

事務局の方と日程を調整して、こちらのSkypeアカウントを連絡。

体験レッスンの前にアカウント申請があるので承認よろしく、とのことでした。
(事務局アカウントからの申請と、先生のアカウントと両方承認します。)

いざ当日

どうしよう…なんかすっごい緊張する!

同じ方いると思うんですけど、「向こうからかかってくる」ってドキドキしませんか?

例えば電話も、スマホの画面が光って着信音が鳴り響き、たとえ画面に表示されているのが知っている人であっても、なんだか一瞬ドキッとします。

それが「そこそこの関係の人」とかだったら尚更です。

気づいてても緊張のあまり電話に出られなかったりするほどです。
(ちなみに旦那には、意味わかんないって言われました。これだから社交性の高い人は。)

だからこそ、「知らない外国人からビデオ電話かかってくるんでよろしく」なんて言われても、もう怖くて怖くてどうしようもない。

f:id:kaguraweb:20170315002843p:plain

どうしてこうなった!

…私が申し込んだからやー!!

40分前からソワソワがマックス。片付けとか始める。

ダイニングにノートPCを置いて、その前にハイチェアをセッティング。
キーボードクラッシャーされたくないので、手が届かないくらい画面はやや離して。

Skypeなので先生から見える範囲は限られているんですが、その見える背景を少し綺麗にしておこうと思い机の上を拭いたり、壁にかかってる絵を移動したり、やっぱり戻したり。
到底意味があるとは思えない行いを繰り返しました。

まさかの、息子氏が…。

こちらはそんな状況で、そわそわドキドキしっぱなし。
挙動不審にしていたのですが、それを横目に、まさかの5分前に

<<<<息子氏 昼寝開始>>>>

Really…?

謝罪。そして延期…。

土壇場だったので、今更事務局とも連絡がつかず、時間ぴったりに先生からSkype電話がかかってきました。

ヒッ!

f:id:kaguraweb:20170315002843p:plain

受信するやいなや画面いっぱいにエルモちゃんのアップ。

先生、全力の「Hello Boy~~~~!!!!」

……やだ、気まずい…。

f:id:kaguraweb:20170315003108p:plain

私が、あ…あ…とカオナシしていたら、

「いい子にしてるかな!?今日は楽しもうね!いないいな〜い、ばあ!(英語で)」
と、エルモちゃんをカメラの前からどかし、先生登場!

先生の目の前には、ニヤニヤおどおどしたカオナシ。

「千ハドコダッ 千ヲダセッ」て叫んでたカオナシの気持ち超わかる。

息子はどこだ!

事情を片言で説明したところ、(My son is sleeping. あー、take a nap…レベル。)
先生はすぐに理解してくれて、また事務局と調整してね〜!おやすみ〜☆と電話を切ってくれました。

気さくな若い(30台前半)のフィリピン女性でした。

再チャレンジ!

日程とお昼寝を調整し直して、改めてトライ!
同じように緊張する私。(今度は息子が寝ないかも同時に不安要素。)

その日も時間ぴったりに、同じ先生が電話をかけてきてくれました。

ハイテンションで歌い始めるエルモちゃん。

ちらりと画面をみて、そのままトミカを弄る息子。

やっぱり興味持たないかな〜と思った瞬間、先生がエルモちゃんの歌の歌詞にアレンジを加えて「Hi MUSUKO〜!」と呼びかけてくれました。

!!! テレビの中のエルモが、僕に呼びかけてる!?

まさにニッパァァァ♡という笑顔でエルモちゃんガン見。

息子、とっても嬉しそう!!

これ見られただけで、正直私は大満足でした。

レッスンが始まる前に、どっぷりと緊張やらトラブルで疲弊した私。

次回、肝心のレッスン内容について触れていこうと思います!

乳幼児専門のキッズオンライン英会話「ハッチリンク」公式は、こちらからどうぞ♡

カグラザカマミー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。