ブログ

市販品のような我が子の写真集が手に入るサービス「Photoback」を推していきたい

昨年の年末に、↑こんなことを呟きましたが、整理する前に二人目が産まれました。(自分でもこうなることは分かっていた。)

お陰様で、ハーゲンダッツ食べたりポテチ食べたりする時間はあるんですけどね。
写真整理しようと思うと、どっかり腰を据えて取り組みたくなるのでなかなか進みません。

初めて歩くと思ったら歩かなかった写真(30枚連写)とか、
歩きそうな意思を見せた写真(15枚連写)とか、
歩くのかと思ったら転んじゃった写真(20枚連写)
とかが溢れているので、初めて歩いた写真にたどり着くまでに、軽く65枚の壁がありますからね。

いや、嘘。650枚以上の壁がありますからね。

絶対どれも同じ連写だから捨てようって思うのに、いざスマホから消そうとすると全身の震えと動悸、息切れ、不安感に苛まれるのでできません!

とりあえず、スマホの写真はPCにぶっこんで眠らせております。

でも、いつPCがお陀仏するか分からない…。
先日私の友達がそうなって、もう生きていけないって言ってました。
なんと声をかけたら良いかわかりません。悲劇 of 悲劇です。

明日は我が身!

グダグダしてないで、整理しないと、後悔先に立たず!!!

今日までにまとめた写真

0〜1歳の写真は、1歳の誕生日記念にまとめてフォトブックにしました。

そして、友達の悲劇をきっかけに、よ〜〜〜〜やくまた取りかかることができて、1〜2歳の写真も、昨日やっとフォトブックにして注文しました!

よくやった私!

息子はもうすぐ3歳になるけど!!!!!!

時間が過ぎるのが早すぎてフォトブック編集が間に合わないよう(´Д` )

毎日育児中の14:00〜16:00は全く時間が過ぎないのに。
どうしてやらなければいけないことっていうのはあっという間に納期が迫ってくるのでしょうか。時間泥棒。灰色の男。ミヒャエルエンデ。モモ。

フォトブックが便利すぎる

とにかく。

私の写真整理は、もっぱらフォトブックをネットで注文するスタイルです。

手書きでアルバム作るセンスも才能もないので、文明の利器に頼りまくる。

フォトブックの作り方ですが、私が子供ができる前から愛用しているサービス「 Photoback」が最強に便利です。

とにかくクオリティ高いので、孫の1歳の誕生日に、じいじやばあばにプレゼントするにも超お勧めします。
ちなみに私の母はこれを見て涙を流しました。ばあばの愛ってすごい。

こんな作品が届きます

表紙

これが私の愛用しているB5サイズです。
(GUの990円セーター使い倒してたらダルンダルンに萌え袖になっちゃった♡)

表紙はここぞとばかりにプロカメラマンに撮っていただいた写真をチョイス(*´ω`*)
任意ですが、タイトル・サブタイトル・著者名を入れられます。

表紙はサイズ的に高画質なものが望ましいですが、それ以外はスマホ撮影の写真でも問題無いところも有難い!

カバーつき

帯はつけませんでしたが、ビニールのカバーはいつもオプションでつけてます。
絶対つけたほうがいいです。

息子にチョコレートつけられて、セーフ…!!!ビニールだから、セーフ…!ってなった私が言うから間違いありません。(しかし中を触られたら詰むので赤子の手の届かないところに保管しませう…)

写真テンプレート

写真配置はいくつものテンプレートから選ぶことができます。
お任せで一括配置も可能です。

B5サイズは最大で94ページまで作れますが、このように一つのページに何枚も載せられるので、実際はかなりの枚数の写真が掲載可能です。

文字入れ出来ます

このように文字入れすることもできます。(入れなくてもOKです。)
フォントも選べます。

まるで市販の本のように作ることができて嬉しいです。

こういう記録には、流石の私も「まじで寝なくて肩こり地獄。寝なすぎワロタw」とは書きません。まるで天使かのような思い出で埋め尽くすのです。限りなく虚偽に近いが嘘では無いレベルの真実を記載します。

それにしても「ねんねが苦手でお昼寝も小刻み」って文で読むとサラッとしてますね。
現実には最悪ですよね。_:(´ཀ`」 ∠):ほんと頑張ったわ私…。

あとがきも書けます

最後のページにあとがきも載せる事が出来ます。

なんだか恥ずかしいので短めにしましたが、ここは思い切ってポエム載せちゃってください!!!

94ページの厚さ

てんこ盛り一年分載せたい写真は全部載せました。

この厚さが、最大の94ページの量です。結構ありますね。満足です。

背表紙

背表紙は統一でこのデザインです。

「Photoback」推しのワタクシ



出会い

私が会社を辞めるときに、会社と私の思い出を一冊の本にして送別会でプレゼントしてくれたイケ上司がいました。
そのときに、「え?プロに頼んだ?」という装丁と印刷の綺麗さに感動!
好みで選べるんですが、ブックカバーも帯もつけられるのが、またオツなんです。

市販の本のような出来栄えで納品されるので、それからは私も送別会の際には Photobackを利用して思い出をプレゼントするようになりました。(人のアイディアをサラッとパクる私。)

他のサイトとの違い

このご時世、フォトブック作成サイトはどんどん増えているんですが、私がPhotobackを愛用している理由はいくつかあります。


一番大きな理由は、

Photobackのサイト上で完結するから。

写真編集ソフトをインストールするのが仕様になっているサービスが多過ぎるんですよ…。わかってよ…。私、何もかもが面倒臭いんだってバァ…。ということで、サイト上のFlash Playerで全て完結するサービスがすごく嬉しいです。

フォトブックのサイズによっては、スマホ完結で注文できるものもあります。


二つ目の理由は、

本のサイズの選択肢が多い。

上記以外にも横長のパノラマ対応だったりハガキサイズだったり種類いろいろです。

私はGRAPHというB5判を愛用してます。
子供の写真はデカく印刷するに限る!!


三つ目の理由は、

サイトのフラットデザイン

類似サービスの愛用者を分けるポイントは、最終的にはUI(ユーザーインターフェース)かな、と。
今のところフォトブック界隈ではPhotobackのサイトが一番見やすくて可愛くて注文しやすいのでお気に入りなのです。

それにしても最近は猫も杓子もフラットデザインですな。
なんでこれが近代的でオシャレに見えるんだろ。

子供が大きくなる頃には、「うわダッセエ平成かよwww」って思うんだろうな。
うるせえ平成だよ!!(生まれたのは昭和だよ!)


最後の理由は、



お安いキャンペーン開催中だから。

ママ割に申し込めば(フォームに記入して送信するだけ。5秒で終わる。)最大で1,015円お得になるキャンペーンが実施されています。

正直、私はこれを見たので、2冊目(1〜2歳)を作れたと言っても過言ではない…。

きっかけをくれてありがとうございますPhotobackさん…。

しかも、今なら


100人に1人タダになるキャンペーン実施中です。

ワックワクでしたが、私は外れました。

ということは、これを読んでいらっしゃる貴女は当たるかもしれません。

セブンイレブンくじ(商品を700円買うと引けるアレ)すら一回も当てたことがない「逆にすごいくじ運」の私が当たるはずも無いのですが、1/100って結構確率高くないですか?普通に当たる人出ると思うので羨ましいです。

ついでについでに、アカウント作って一冊作ると一口応募権がもらえて、毎月デジタルカメラだの、プロの写真撮影会だの、おしゃれなホットプレートだのにも応募できます。
どれだけ「何かを当ててくれよう」としているのこのサイトは。
私、ホットプレート応募したから当たったらみんなうちに来てよね!タコパするからさ!!!(当たらないって言うなぁ!)

納期

通常だと一週間後に出荷です。

特急便を使うと翌日出荷も可能なので、急ぎの時にも助かります!

これからやりたいこと

一年で一冊ずつ作れたら、いいなーと思ってます。

思ってるだけです。

でも、出来上がりが届くといつもとても嬉しくて楽しくて何度も見返すので、頑張って製作したいと思っております!!!

…息子の時は一年に一冊と思ってたけど、二人目が産まれたらみんなどうしてるんだろう。

二人目は二人目で一冊?

それとも、途中から二人目が加わる形で一年に一冊かしら?

…正解はない。

しかし、時間もない。

皆さんも、ぜひお子様の書籍化してくださいまし!!!

Photobackの公式サイトへは、下記画像から飛べます〜。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。