息子の教育方針を考える、というかフィーリングで感じる。そして泣く。

いつも少しは人のためになる記事を書きたいという気持ちがあって、グルメ情報や妊娠糖尿病関連の記事をアップしているのですが。

今日は、ただ私が思っていることを垂れ流す予定です!

(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ジコマン!

  • 旦那が海外出張中
  • 息子が昼寝せずに8時前に就寝

…こんなの…!
好きなことやるっきゃない…!

とは言え、「トイレ行きたい」って要望すら「却下!(by息子王)」される日常を過ごしていると、いざとなっても「やりたいこと」って何だろう…ってうすらボンヤリしてきますね。

以前の自分を思い返してみると、趣味は

  • 海外ドラマ
    • まずは人が死ぬこと。話はそれからだ。
  • 爆音で音楽を聴くこと
    • KE$HAとかAviciiとかDavid Guettaとか。
  • お酒を飲むこと
    • ウイスキー片手にドラマみて一人で号泣するOLだった。
  • 外に飲みにいくこと
    • 酒は呑んでも飲まれない主義ッ。5時まで呑んで8時から働く日常。
  • ゲーム
    • モンハンは800Hしかやってないょお

だったと記憶しているんですが

  • 海外ドラマ
    • 今ハマってるものが無い。
      「ウェントアース女子刑務所」の続きがhuluで配信されるのを待機中。

      人が殺されたり、ヤク中になったりゲイったり騙されたりうっかり殺しちゃったりするのが好きなの。およそ子育て中のメンタルに良い効果を生み出すとは思えない代物。
      その一方で「Enchanted」「glee」「HSM」も定期的に見返すジキルとハイドみたいな自分。こわ。
  • 爆音で音楽を聴く
    • 無理。 ヾノ’д’o)㍉
  • 飲む
    • 無理。妊婦。 ヾノ’д’o)㍉㍉
  • ゲーム
    • 気づいたら朝になるから危険。昼間もやりたいからもっと危険。自主規制。

以前の自分を構成していたものたちが、どんどんと遠ざかってるんですよね。

私って何なんだろ。

20数年培って来た自分というアイデンティティが、自らの望む望まざるとに関わらず、崩壊していってる…。

私って、何のためにいるの?

私のやりたいことって、なに?

私って、生きてる意味あるの?

 

………

 

……………

 

 

 

 

 

 

 

 

…………とは、ならなぁい。(パンクブーブー節)

(ごめんなさい。)

人間生きているステージが変われば、やるべきこともやりたいことも変わって来ますからね。それが人生だもの。

そもそも、陣痛痛すぎて「あ、死んだ。わたしは今死んだ。」って瞬間があったんですけど、多分、私は本当にあの時死んだと思うんですよ。

20数年、好き勝手に生きて来た自分は、あの時間違いなく死んだと思う。

そして、母親という人格が誕生し2年経過して、今に至る。んだと思う。

だから、今の私の趣味は

  • 息子
  • 旦那

ですけど、まあそれでもいいよね。って話。

……で、話を戻すと、

今現状二人は寝室と海外に居るわけで。

……やること無いわー。

やることないから最近聞いてすごい良かった曲の話でもする。

-SNACK RITOHA OPEN-「ちょっと付き合ってよ。」

良すぎて、え。ってなって、狂ったように息子の一時保育送り迎えの車の中でハンドルばんばん叩きながら爆音で流して熱唱してる曲。(爆音で音楽聴いてるじゃん。いや違うんだ。好きなだけ朝まで聞きたいんだ。なんか違うんだヨォ。息子がゴリゴリの大人洋楽は好まないので片道しか聴けないし…。)

それが、Jonas Blueの「Mama ft. William Singe」

VEVO聞き流してたら、「ママ ママ言われてる気がするwww末期症状か私はwwww」って思ったんですけどね、ちゃんと聴いてたらドンズパ タイトル「MAMA」だったっていう。

私的曲解も含まれますが、「やりたいことを見つけた、思春期や自分のことが楽しくて仕方がない年頃の男の子が、母親の心配は分かってるけど、でも歩みは止められない。ママ、心配しないでよ。」って歌詞です。

私、これ聴いて、ハンドルぶっ叩いて、そんで少し泣いてた。(まじかよ。怖いよ。)

今の息子はいつも一緒にいないと泣くし、私と同じことしたがるし、本当に24hピッッッタリ一緒にいたがるし、生まれて初めて「私のこと本当に愛してるなこの生き物」って存在に出会ったなって実感なんですけど。(恋愛関係では決して得られないこの10000%の愛。)

息子がやりたいこと見つけて、外の世界の友人や恋人と関係を 築いて、私の元からいつかは去っていく。ってことを、この曲をBGMに、映像を伴ってちょっと想像しちゃったんですよね。

それを寂しいって気持ちだけで泣いたんじゃなくて、

「心配するんでしょ?(笑)でも心配しないでよ(笑)」

って言う息子、超いい……。って妄想で泣いたんです。(もっと怖いよ。)

息子は、親を心配させてナンボだけど、心配してるってこともちゃんと理解できる脳みそ持ってくれたら、男児の母親としては最高な一つのゴールだな、と思う。

そのことを、爽やか且つどこか物悲しいリズムと旋律で歌い上げられたもんで、…刺さっちゃった。

2歳可愛すぎるし、子育てしてて今がピークなんじゃないのって愛おしさを日々爆裂更新している息子だけど、「手が離れたら旦那と好きなことするんだ。良いお酒飲んで海外行って、子どもは子どもなりに頑張ってくれ。」ってことを割とドライに思ってる人間なので、これまでぼんやりと考えてきた自分が目指すの教育方針というか「こうなって欲しい」人物像が、ふっと明確になった、気がした。

「生きる力」を鍛えてあげよう。

心配させられても、「あの子なら大丈夫」って思えるように。

そして息子自身が「心配しないで」って言えるように。

 

……まあ、まずはトイレ覚えよっか!

 

本日はこんな感じで。
お付き合いありがとうございました。

-SNACK RITOHA CLOSE-
Please come again whenever.
〜またきてね〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。