英語教育

The Pigeonシリーズ|幼児の英語多読におすすめ〜Don’t let the pigeon drive the bus〜【Maiyapen】

英語力の上昇には、絵本の多読がとても効果的だと感じています。

今日は、我が家の5歳と3歳のお気に入り海外絵本のご紹介です。

息子(5)

インターナショナルスクールで平日はすべて英語で生活中。全く落ち着きがないからママによく怒られるよ!

娘(3)

おにいちゃんに出来ることは私にも出来る!英語は理解しているけど、人見知りなのであまり外では喋らないょ。

The Pigeonシリーズ

アメリカの大人気作家、Mo Willems(モー・ウィレムズ)の作品です。

The Pigeonシリーズは代表的な作品の1つで、愉快な鳩さんが主人公の1冊完結もので構成されています。

The Pigeonシリーズ6冊

  1. Don’t Let The Pigeon Drive The Bus!
  2. The Pigeon Finds a Hot Dog!
  3. The Pigeon Needs a Bath!
  4. Don’t Let The Pigeon Stay Up late!
  5. The Pigeon Wants a Puppy!
  6. The Duckling Gets a Cookie!?

登場人物

鳩さん、アヒルさん、人間の3キャラクターのみ。

鳩さんしか出てこない話も多くて、おしゃべりでシュールな鳩が一人芝居の喜劇のようにひたすら喋り散らかしていることも多いです。笑

内容はセリフのみ

ト書きはなく、すべて登場人物の台詞の応酬のみの内容になっています。

ストーリーはとても単純で、毎回Pigeonがなにか1つお願いごと(バスを運転してみたい!お風呂に入りたくない!まだ寝たくない!)をするもののそれが叶わず、最後はわめき散らかす(笑)というような展開が多いです。

ですので、難しいことは何も無いのですが、簡単な単語のみを意識して作られた本ではないので、子供が知らない単語も出てくるかもしれません。たとえば、うちの息子は”Piggyback”という表現を知りませんでした。

多読の良い点として、絵と展開から意味を推測して語彙力が伸びていくので、ところどころに知らない単語が出てくることは個人的にはむしろ良いと思っています。

本国での対象年齢は3〜5歳です。日本の英語勉強中の子供たちに、3〜7歳ごろまで楽しめると思います。

漫画のようなコマ割り

1冊に1見開きくらい、こうした目を引くコマ割のページがあります。

5歳の息子はまだ漫画を読んだことがありませんが、コマ割りを普通の絵本では見かけないからか、こうしたページをとても喜びました。

お風呂に入るまでに、お湯を足したり水を足したりまたお湯を足したり、オモチャを入れたりやっぱりオモチャが多いと文句を言ったり…。はやく入れ!と大人でも言いたくなるようなツッコミどころのあるユーモアあふれるページです

必ず1回絶叫する鳩

あれやこれやと口の減らない鳩ですが、クライマックスに差し掛かると、絶叫します(笑)

これが子供に大ウケ!!

緩急のある展開が、子供心を掴んで離さない絵本です。

Mo Willemsの世界に浸る

Pigeon Presents(公式)

Mo Willemsの子ども用公式ページがあります。

The Pigeonシリーズの塗り絵やアクティビティ、キャラクターの描き方レクチャーをPDFでダウンロードすることが出来ます!

絵本を通してキャラクターがすっかり好きになった子供たちがとても喜ぶので、無料でこういった素材を横展開してくれるのはとても有り難いです!

Mo Willemsの作品はディズニーと契約しているので、YoutubeのDisney Booksチャンネルにもいくつか動画があり、英語のインプットとしても使えるかもしれません。

Mo Willemsの他作品

The Pigeonシリーズ以外にも素敵な作品があります。

同じくMo Willemsの作品であるElephant & Piggieシリーズのレビューはこちらをご覧ください。

Maiyapen対応絵本

絵本をタッチするとネイティブ音声を聞くことが出来るペン「Maiyapen」対応絵本としての販売もされています。

親が英語が苦手でも、発音に自信がなくても子供がネイティブ音声で読み聞かせを聞くことができるのでとてもオススメのツールです。

Maiyapenについての詳細は下記記事をご覧ください。

購入方法

Amazonで購入すると、ペーパーブックで1冊約800円、ハードブックで1200円ほどです。

Maiyapen対応本の場合むしろ価格が下がりますので、音声ペン導入予定でしたらそちらをお勧めします。

フリマアプリでMaiyapen販売業者の方から購入でき、その時のレートやお店の設定によりますが、1冊約500円ほどで手に入れることが出来ると思います。

Maiyapen対応絵本を購入されたい場合は、業者の方をご紹介することができます。(私はただの主婦です。怪しい者では無いので安心してください笑)

Twitter(@ritoha63)にDMや直接リプ頂けましたら、ご案内いたします。紹介だと割引やサービスがありますので、お気軽にどうぞ!

試し読みするなら

内容の試し読みがしたい方は「絵本ナビ」がおすすめ。

日本語翻訳版が出版されているので、日本の絵本のプロによる本の紹介とレビュー、中のチラ見が可能です。

The Pigeonシリーズの紹介とレビューを見る

まとめ

Mo Willemsのアクティビティブックなども販売はされているのですが、いかんせん輸入になるので割高…。どうやって手に入れようか思案中です!笑

英語力の向上にとっても役立つ、子供が夢中になる英語絵本のご紹介でした。

息子(5)

ハマりすぎて30日間毎日読んで、内容を全部覚えちゃったくらいお気に入りです!

おすすめオンライン英会話

多読はインプット。英会話のスキルを上げるためにはアウトプットも欠かせません。

ほぼすべてのオンライン英会話サービスをトライアルしましたが、息子に一番良かったのは、WEB完結(Skypeダウンロード不要)の新しいオンライン英会話“NOVAKID”です。

\我が家はここに決めました/
NOVAKIDの無料体験はこちら

・画面に直接お絵かきや英単語を描くことができて、子供にとっての楽しさが抜群

当日でも予約のとりやすさが圧倒的

レッスンすべて録画機能付きで子どもの顔と声と一緒に英会話の成長度合いの記録が残せる

他サービスではレッスンに飽きて脱走することもあった息子が必ず最後まで受講するようになったので、授業自体の質もとても良いと感じています。

無料で・今すぐ予約できるので是非お子さんのアウトプットの場として無料トライアルを利用してみてください。

NOVAKIDの無料体験は最短1時間後からOK