妊娠糖尿病って…なに?噛み砕きまくって分かりやすく解説してみました。【イラストつき♡】

妊娠糖尿病を診断され、6wほど経過しました。
でも、正直病院から丁寧な「妊娠糖尿病とは?」を説明された訳ではありません。
「どうして妊娠糖尿病になったのか?」を教えてくれた訳でもありません。
検査をして、医師から「妊娠糖尿病ですね、食事制限してください。」と言われただけです。

そのあと病院の栄養士さんから15分ほど健康な食事とは?という解説を受けましたが、一般的な健康的な食生活のお話をしていただいただけで、妊娠糖尿病について詳しく教えてもらっていないのです。
教育入院をしたにも関わらず…!

意外と同じような状態の妊婦さんて少なくないのでは?と思って、徹底的に調べた上で、さらに分かりやすくしてみました。

「人に説明できるようになるレベルが本当の理解」って言いますもんね。
自分の理解を深めるためにも、じっくり考えたいと思います。

あと、このネット社会で情報は沢山あるけれどイラストいっぱいで可愛いサイトがなかったので…挿絵が可愛くないと教科書読みたくない小学生か私は!!(はい、そうです。)

念のためお伝えしますが、私は素人の主婦ですからご承知おきくださいね!

スポンサーリンク

妊娠糖尿病とは?

一般的な解説

妊娠糖尿病とは、妊娠中にはじめて発見された糖代謝異常です。
妊娠前から既に糖尿病と診断されていたり、妊娠中に“明らかな糖尿病”と診断された場合は妊娠糖尿病には含まれません。
これらは妊娠糖尿病より重度の状態であり、厳密に血糖を管理する必要があります。

噛み砕きました


糖尿病と妊娠糖尿病は別ものです!


妊娠前には糖尿病ではなかった女性が、妊娠してホルモン異常になり血糖コントロールが上手にできなくなると、「妊娠糖尿病」と診断されます。

ママの体内で何が起こっているの?

うーん、まだ解説が硬い気がする!
キャラクター召喚!


 「HI!! 私、拮抗ちゃん!美味しいもの大好き♡パンとかピザとかスイーツとか!インスタ映えしそうなやつ全般ね!血糖値あげてこ★胎盤から産まれたよ。妊娠したらベビーだけが貴女に宿ると思った?私も一緒だよ♡妊娠中期からどんどん増えてくよ〜♡

「拮抗ちゃん!ママとベビーのために、はしゃぎすぎたらダメだよ。」

あ〜今日はEggs’n Thingsのパンケーキな気分♡

「…無視だね!?いい?妊娠中に血糖値が上がりすぎると、ママには羊水量異常、肩甲難産、網膜症、腎症、妊娠高血圧症候群などのリスクが生じるし、ベビーにだって流産、多血症、電解質異常、黄疸、形態異常、巨大児、心臓の肥大、低血糖、胎児死亡などの危険性があるんだ!血糖値は、上げすぎたらいけないんだ!!!

(うるせえ。)出たなお邪魔虫!」


必殺!“インスリン抵抗性”〜!!★
効果:体内で作られるインスリンが効きにくくなる。
効能:血糖値が上昇する。

「うわーーー!!食後血糖値が150以上にィイイィイ!やめるんだバイキンマ…拮抗ちゃーん!!」

「こうして…ママは食後の血糖値が異常に高くなる妊娠糖尿病と診断されるのであった…。」

〜Fin〜


拮抗ちゃんは、妊娠に伴ってどの妊婦さんの所にもやってきます。
でも、通常はインスリンくんの立場が強く血糖値異常には陥りません。

インスリンくんよりも拮抗ちゃんがヤンチャな状態、それが妊娠糖尿病です。

拮抗ちゃんがヤンチャ★かどうかは、ママの体質で決まります。
肥満や高齢妊娠、親兄弟に糖尿病があると可能性は高まりますが、全く関係ない人でも十分起こり得ます!

これはもう仕方がないことです。

つわりが終わったあと、妊娠中に甘いものを永遠とめちゃくちゃに食べまくったり、スナック菓子だけで生きていたり、ということを極端にしまくっていた場合は別として(そういう食生活でもならない人はならないですし)、ママは自分を責めてはいけません。

体質なんです!

妊娠糖尿病の治療方法

インスリンくんより拮抗ちゃんが強い体質なため、好きなものを食べるとすぐ血糖値が上がってしまいます。(インスリンくんもっと頑張れよ!)
そのため、血糖値が上がりすぎない食事を摂る=食事療法がメインです。
一日1600kcal〜1800kcalを目安に、医師の判断を元に摂取します。

残念ながら体質によるもので妊娠糖尿病は出産前に完治することがないので、食事制限は出産まで続けます。(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

それでも妊娠が後期になるにつれてインスリン拮抗ホルモンはますます増えていくばかりなので、血糖コントロールは難しくなってきます。

ワラワラ増殖ぅ♡

インスリン投与が必要になる場合もありますので医師の判断に従ってください。

ちなみに私は自炊で食事制限をすることに早々に疲れ果てギブアップしたので、便利な宅食サービスを活用しまくっています。

完璧にカロリー計算されたお弁当やお惣菜が届いたり、




低糖質でスイーツが味わえるものがあったり、

今の宅食はとても優れているので、こうしたものを積極的に利用して妊娠中のストレスを溜めすぎないようにしましょう!

ストレスでも、血糖値は上昇します。こわい!!家事全般中止しなきゃ!><

よろしければ潔いほど自炊を捨てた主婦(私です)が宅食サービス比較もしてみましたので、そちらもご覧ください。

さいごに

妊娠糖尿病と診断された時は、面倒だなという気持ちもありつつ、不安になったり、まあでも大丈夫!って思ったり、やっぱり怯えたり…。
ただでさえ問題のない妊娠生活だったとしても、ふとした時に不安になるというのに!

でも、妊娠糖尿病を改めて調べて、罹ってしまったのは体質によるものであって、食事制限とインスリン投与でコントロールできる。
多くは出産後に自然と治る!と思うことで少し気持ちが晴れました。

くだらないほどに噛み砕いてみたことで、少しでも妊娠糖尿病患者のお仲間であるママたちの気持ちが明るくなったら嬉しいです!(ならねえよ、って?٩( ᐛ )وすいません!)

最後にお詫びをして締めくくりたいと思います。

お詫び

病気について分かっていたつもりでしたが、解説ページを作るにあたって、こいつを作り出したら、思っていたより体内で起こっていたのは単純なことで、ホルモンは一つしか作用していませんでした。

噛み砕いて人に説明してみると己の理解が深まるというのは本当でした。

出番がなくなり、適当な名前をつけてナレーション役として掲載したことをここにお詫びします。

こんな奴は存在しません。
こいつはただの牛肉ホルモン「センマイ」のイラストです。
(そんなこと言ったら拮抗ちゃんは「ギアラ」のイラストですけどね!!)

以上、ご覧いただきありがとうございました♡

これから入院を控えていて不安がある方などは、下記の記事も参考になさってください。

カグラザカマミー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。