英語教育

子どもの絵本多読の効果について/英語の絵本をネイティブ発音で読むための方法/”Pokemon PHONICS”の感想付

英語絵本は子どもが興味のあるジャンルから

我が家には5歳の息子と3歳の娘がいます。
3歳はまだ短文ですが、長男は日中すべて英語で暮らしています。

英語を身につける上で多読はとても効果が高いと感じていて、通っているインターでも、毎日Readingをするように言われています。

日本語と結びつけて覚えずに、わからない単語があっても絵から推測したり、他の絵本から得た知識を転用して考えてみたりすることができるので、たくさんの本を読むことで、自然と英語脳のまま語彙力が増している。気がする。

同じ受け身の行動だけれど、英語音声のYoutubeや動画を見ていても、耳は英語に慣れるけれどアウトプットにまで繋がりにくくて、絵本の多読のほうが英会話の上達に効果が出てる。気がする。統計とって研究してるわけじゃないので、毎日接している母親の肌感覚の話しですみません。でも、そんな気が、すごくするの。ほんとだよ。

子供が読書好きになるために

まず一番効果絶大なのは、「親が読む」ことでした。我が家の場合。
もはや「読もう」と声をかけることすらせず、私が読みはじめる。すると、家庭内公式母親ストーカーである子どもたちも、自然とも読書を始めています。
産後、全く本が読めなくなったので、私も子どもの絵本を読んでます。読んでるっていうか、絵を見てます。もう脳が…脳が動いてないから私…。

ただ「本を読め」と言っても読まないだろうし、テキストやお勉強系でモチベーションが保てる才能がある子は別として、英語や読書=お勉強…やだな…となってしまったら困るので、英語や読書=楽しい!になれるよう好きなジャンルや興味の出そうなものを揃えてあげようと頑張りました。

うちの場合は、5歳の息子が気に入りそうな英語絵本はないかなーと探していたところ、ドンピシャ(って死語?)なものを見つけました。

「ポケモン フォニックス」です!

amazonで¥1,988(送料無料)で購入。
探すと他のシリーズもあるんですが、おそらくこれが一番簡単なシリーズだと思います。

それから正直、本の英語難易度よりも、見つけたのはカントー編とアローラ編だったので、カントーは出てくるポケモンが古いし、アローラは絵柄があんまり好きじゃないんで、イッシュ地方の本を買いました(マニアックな話)

amazonが洋書始めてます

洋書は楽天よりamazonのほうが強いですね。昔より品揃えが増えていますので、お子さんの興味のあるジャンルで検索してみることをおすすめします。

検索する際は、「洋書」ジャンルで検索するだけでなく、検索ワードに一緒に「picture book」と入れることをおすすめします。「お子様の好きそうなもの(を英単語で)」+「picture book」で調べてみてください

だいたいがペーパーバックなのですが、つまりペラッペラの紙の本ですよ(言い方)ということです。

日本で売っている立派な絵本を想像すると、届いたときにびっくりするかもしれません。私はこれはこれで好きです。

今回は、15ページの絵本が、1ボックスに12冊入ってました。

この絵本はフォニックスなので、一冊ごとに「Short A」とか「Short E」とかの単語を意識的に入れてくれていて自然と発音が身につく仕様になっています。

もちろん息子は勉強だと思って読んでいないのでそんなこと知ったこっちゃなくて、「サトシ=Ash」「ムサシ=Jessie」「コジロウ=James」なことにウケてました。

幼児が読むのにちょうどよいボリュームなので、ポケモン好きの幼児さんには、おすすめです!

英語で読むために

amazonでこういったものを購入すると、基本的に音声がありません。

しかし、それでは困ります。

息子はまだまだ読めない単語があるし、読めたとしても音読は文章の流れやリズムが大切なので、一つ一つの単語を確認しながら読んでほしくないのです。リエゾンが!リエゾンがあるじゃない!

私が読んであげられたらベストなんですが、私は典型的なWritingとReadingだけを勉強してきた日本の英語教育の産物なので美しく音読することができません。

ネイティブの友人に読んでもらおうかな、でもみんな忙しいだろうし、あとちょっと恥ずかしいだろうし、パパに頼むのもめんどくさいし、パパはネイティブってわけではないから……、よし!!

外注しよう!!

絵本朗読を外注してみる

「どなたかこれ読んでくれませんかー。お金払いますー。」
「はいはいやりまーす、見積もり出しまーす。」
って世界ないかなぁ…と思ってたら、ありました。

得意を売り買いするスキルマーケット、「ココナラ」

イラストやHP作成、Youtube編集など、様々なお願いに対応してくれる方がすぐに見つかるサービスです。

アカウント登録をして、「公開依頼を投稿」し、「音楽・ナレーション」のカテゴリから「ナレーション・読み上げ」を選択して、詳しいボリュームや希望金額などを記入して求人を出します。

ネイティブで読んでくださる方はたくさんいるので、すぐに見つかりました!!

今回は1冊15ページを500円で読んでもらいましたが、ココナラがばんばんクーポンをくれるので、実質200円で読んでもらえました。最高!

まとめて12冊頼むのももちろんアリですが出費になるのと、息子は丸暗記するまで繰り返すタイプなので、現在は5冊ほど音源化しています(200円×5=1,000円かかりました。)

しばらくは私のスマホから聞いてもらっていましたが、自宅にあるMaiyapen(音声タッチペン)を使って、息子が一人でネイティブ音声を聞きながら英語絵本が読める仕組みを作りました。

ココナラはめちゃくちゃ簡単だったし(優しくて良い声のお姉さんに読んでもらえたし)、大変なことは何もしてないけど、息子の英語勉強の下地作り、頑張ってるよぉ〜〜〜〜(自己肯定してがんばっていきたい)

英語ネイティブではないお母様方!
ココナラ(+あればMaiyapen)のこの方法、めっっっっちゃオススメです!!

\ネイティブ音声を手に入れるなら/

さいごに

英語の多読のために、サブスクで英語絵本読み放題のアプリを使っていたこともあるんだけれど、それでなくても息子はYoutubeもSwitchも大好きマンなので、アナログに本が読める人にもなってほしくて。

我が子の場合は、多読アプリも気に入っていたけど、本は本で用意したら見事にハマッてくれたので、とても良いです。

子供が本読んでると、なんだか安心するのは私だけ?笑

以上、絵本多読方法についてのおすすめでした!

\息子愛用のオンライン英会話はこちら/
アメリカ発・今までにない録画機能付英会話